通常順 - 価格順 - 新着順

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 2016

    品切れ中

第1級格付けのシャトー・マルゴーのソーヴィニヨン・ブラン100%で造る白ワイン。生産量はマルゴーの5分の1という稀少な白ワイン。ソーヴィニヨン・ブラン単一とは思えないその高貴で純粋な味わいは類い希なる複雑さと繊細さが魅力的です。熟成のポテンシャルがボルドーの白ワインの中でも突出しており、30年は熟成するといわれています。

シャトー・ベルヴュー・モンドット 2001

    品切れ中

高評価を受けているシャトーパヴィ、デュセス、モンブスケ、のオーナージェラール・ペルス氏が底知れぬポテンシャルを発見し2001年に購入したのがシャトー ベルヴュー モンドット。ボルドーでは大きな変革というのは通常長い時間を掛けて行われますが、ジェラール・ペルス氏の変革のスピードは直ぐさまに現れテロワールはスピリッツを表現したすばらしいワインとなり新しい管理でできた最初のヴィンテージでその魅力にとりつかれたロバート・パーカーは、95+/100ポイントと信じがたい高得点の評価をつけました。

シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 1986

    品切れ中

メドック地区サンジュリアン村に50ha所有。メドック格付け2級。シャトー ベイシュヴェルに隣接した南斜面のブドウ畑は川沿いで、シャトーの名の通り「美しい小石」=ボーカイユが多く、温暖な気候から安定した質の良いワインを生み出しています。他に2つの格付けシャトーを持つボリー家の所有。


シャトー・ラ・コンセイヤント 2013

    品切れ中

ポムロール地区のトップを争う名酒のひとつ。シャトー名は18世紀中盤に所有者であったカトリーヌ コンセイヤンに由来しています。現在は1871年に取得したティエンポン家により運営されています。近代的醸造法を採用し、高い評価を受けています。甘いフルーティな香りを持ち、エレガント。バランスが良くまろやかさが魅力です。

シャトー・コス・デストゥルネル 2005

    品切れ中

メドック地区サンテステーフ村に65ha所有。メドック格付け2級。サンテステーフの中でもトップ醸造所のひとつ。第1級に匹敵する高い人気を誇っています。リコリスやモカ、カシスやブラックベリー、チェリーチョコレートのような香り。フルボディで凝縮感があり素晴らしい複雑味ある味わい。タンニンもきめ細かく、スパイシーな余韻のある味わい。

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト 2012

    品切れ中

シャトー ムートン ロートシルトのセカンドワイン。ムートンは長い間セカンドワインを生産していませんでしたが、1993年からこのプティ ムートンをリリース。完熟ブドウならではの滑らかな果実味と心地よいふくらみのあるワイン。


シャトー・オー・ブリオン 2013

    品切れ中

1855年のメドックの格付けでメドック格付け1級の五大シャトーのなかで唯一、メドック外にも関わらずグラーヴ地区から選ばれたシャトー。現在も最新式の醸造設備、技術で進化を続けています。赤、黒系果実、凝縮感のある香り。わずかにリコリスやクローヴのニュアンス。非常にソフトな口当たりですが、深みとボリュームがあり、熟した果実やカカオなどの味わい。モカやほのかにビターコーヒーのような余韻がボルドーファンにはたまらない1本。

シャトー・ムートン・ロートシルト 2005

    品切れ中

グラン クリュ第1級。毎年世界有数の画家がラベルの絵を描くことでも知られます。凝縮された果実味と、チョコレートやカカオを思わせる深い樽香とのバランスは絶妙です。

シャトー・ムートン・ロートシルト 2007

    品切れ中

グラン クリュ第1級。毎年世界有数の画家がラベルの絵を描くことでも知られます。凝縮された果実味と、チョコレートやカカオを思わせる深い樽香とのバランスは絶妙です。