ボルドー格付ワインとは?

1855年のパリ万国博覧会に向けて、皇帝ナポレオン3世は、フランスのボルドーワインの展示に格付けを命じました。
すでにイギリスへは輸出されていたボルドーワインですが、世界中から集まる訪問客へのアピールを目的とした万博農産部門の目玉イベントがこの格付けでした。
格付け制定の依頼を受けた仲買人は、シャトーの評判や市場価格に従って、ワインのランク付けを実施。 この格付けは現在でも買い手の目安となって、1855年以来のボルドーワインの公式格付けとなっています。

選定の際、メドック地方のシャトーから、約60の赤ワインが1級から5級までの5段階で評価されました。
第1級に選ばれたのは、メドック地区の「シャトー・ラフィット・ロートシルト」、「シャトー・マルゴー」、「シャトー・ラトゥール」、グラーブ地区の「シャトー・オー・ブリオン」の4つのシャトー。
1973年にはシャトー・ムートン・ロートシルトが例外的に格付け2級から1級に昇格しました。 この第1級のシャトー5つをまとめて5大シャトーと呼びます。

61のシャトーが、1級から5級まで格付けされており、数多あるボルドーワインの中でもトップクラスに君臨しています。 近年では、2級以下でも非常に高品質なワインを造り出すシャトーなども存在しており、現在この格付けをやり直すとその位置づけは変わるかもしれません。



通常順 - 価格順 - 新着順

シャトー・カントメルル 2020

  • 5,500円(税込)

【メドック格付第5級】現在では3級に比肩する実力を誇るシャトーとして、高く評価されています。すぐにでも熟成させても楽しめます。

シャトー・ダルマイヤック 2020

  • 8,030円(税込)

【メドック格付第5級】完璧な状態のブドウが収穫できた2020年。ジューシーな果実と繊細な酸、エレガントな余韻が長く続きます。

シャトー・ラグランジュ 2013

  • 8,360円(税込)

【メドック格付け第3級】フレッシュな酸とバランスを保つエレガントなヴィンテージ。熟成と共に品格が高まりそうな奥行きを感じさせます。


シャトー・ジスクール 2020

  • 11,220円(税込)

【メドック格付第3級】パーカーポイント95+点獲得、その他の著名なワインメディアでも軒並み高得点を獲得している、秀逸なヴィンテージです。

シャトー・タルボ 2015

  • 15,400円(税込)

【メドック格付第4級】毎年安定した品質を誇る人気シャトーで、若いうちからも楽しめると共に長期熟成も出来ます。シルキーなタンニンとまろやかな果実味が楽しめます。

シャトー・ポンテ・カネ 2015

  • 22,000円(税込)

【メドック格付け5級】その実力は1級に匹敵するとも称されるシャトー・ポンテ・カネ。世界的に著名なワイン評論家、メディアにおいて、軒並み高評価を獲得しています。


シャトー・カロン・セギュール 2019

  • 32,000円(税込)

【メドック格付け第3級】2016年や2018年に続くグラン・ヴィンテージ2019年。今すぐにでも美味しく飲んでいただけますが、熟成による変化も楽しみな逸品です。

シャトー・カロン・セギュール 1998

  • 35,000円(税込)

【メドック格付け第3級】ボルドーワインの当たり年1998ヴィンテージ、20年以上の熟成を経た円熟味溢れる逸品。

シャトー・カロン・セギュール 2015

  • 37,000円(税込)

【メドック格付け第3級】数々のワインメディアにおいて高評価を獲得している2015年。まろやかで複雑な美味しさを堪能していただけます。